市販の育毛剤って効果あるの?

ドラッグストアに行くとたくさんの育毛剤が売られています。

 

また、ネットで育毛剤を検索するとたくさんの種類の育毛剤がヒットします。

 

これらはお金を出せば自由に買うことができます。

 

それに対して、病院の薬は自由に手に入れることができず、医師に処方箋を書いてもらう必要があります。

 

効き目が違うということは

育毛剤と病院の薬の違いは効き目にあります。

 

病院の薬は効き目が強いです。そのため、医師の指導のもと薬を服用しなくてはなりません。

 

間違った使い方をすると体に悪影響が表れることもあります。

 

一方、育毛剤は効き目が弱いため多めに使ったとしても体に影響が表れる可能性は低いです。

 

だから、医師の指導を受けずに自由に買えるのです。

 

効き目が弱いということは髪を生やす力が弱いということです。

 

よりしっかり薄毛を治したいのなら、効き目の弱い市販の育毛剤ではなく、効き目の強いプロペシア(フィナステリド)を試すことをおすすめします。

 

プロペシア(フィナステリド)の効果