治療で薄毛が治る理由

AGAクリニックに行くと必ずと言っていいほどプロペシアが処方されます。これはプロペシアがAGAに対して高い効果を発揮するためです。

 

ここではなぜプロペシアを飲むと薄毛が改善するのかを説明します。

 

プロペシアが薄毛を改善させる仕組み

薄毛が進行するのは悪玉男性ホルモンのDHTが髪の成長を邪魔するためです。成長を邪魔される髪の割合が多くなるほど薄毛が進行していきます。

 

このDHTは男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合して作られるホルモンです。

 

フィナステリド(プロペシアの成分)は、テストステロンと5αリダクターゼが結びつくのを邪魔するので作られるDHTの量が減ります。

 

そのため、成長を邪魔される髪が減ってしっかり生える髪が増えてくるのです。

 

プロペシアで薄毛を治すのならこちらのAGAクリニックがおすすめです。

 

全国のおすすめAGAクリニック一覧