プロペシア(フィナステリド)の効果と副作用

薄毛の治療方法にはいくつかありますが、プロペシアはもっとも効果のある薄毛治療の薬です。

 

病院の薄毛治療の柱でもあるので診察を受けると必ず処方されます。

 

このプロペシアは1998年にアメリカで発売され、日本では2005年から販売されています。

 

ちなみにプロペシアというのは商品名でAGAに効果があるのは、その中に配合されているフィナステリドという成分です。

 

プロペシアの効果

薄毛が進行するのは悪玉男性ホルモンのDHTが髪の成長を邪魔するためです。

 

プロペシアはDHTが髪に干渉するのを抑える効果があります。その結果、髪が正常に成長するようになり薄毛が改善していくのです。

 

プロペシアは市販の育毛剤と違って錠剤タイプの薬です。服用して体の中から薄毛に対抗します。

 

すべての人の薄毛にプロペシアが効果を発揮するわけではありませんが、かなり多くの人の薄毛を改善することができます。

 

プロペシアが薄毛を改善する割合は臨床試験で明らかとなっています。

  • 服用から半年で48%の人の髪の毛が増えた
  • 服用から1年で58%の人の髪の毛が増えた
  • 服用から2年で68%の人の髪の毛が増えた
  • 服用から3年で78%の人の髪の毛が増えた

プロペシアの効果は服用開始から3年をかけて徐々に高まっていきます。服用3年目で約80%に人に効き目が表れるというのはかなり効果が高いと言えるのではないでしょうか。

 

プロペシアの副作用

プロペシアは効果がある反面、副作用の恐れもあります。

  • 胃部不快感
  • 性欲減退
  • 性機能障害
  • 頻尿
  • 頭痛

副作用は深刻なものではありませんし、滅多に起こりません。

 

また、肝臓病や泌尿器系の腫瘍、その他の病気がある場合はプロペシアの服用はできません。

 

薄毛を治すためにプロペシアを服用しようと考えているのなら医師の診察を受けると副作用のリスクを下げられますし、医師のアドバイスを受けて効果的に薄毛改善に取り組めます。

 

おすすめのAGAクリニックを見る